そろそろ相続税が改正ですね

皆さん、こんにちわ。税理士の吉本です。
今日は相続について考えてみましたので書きたいと思います。
平成27年1月から相続税法が改正されるとあって、最近は相続に関するご相談が多いように感じます。
これまでは、うちは財産がないから相続税なんて関係ないと思っていた方も多いと思いますが、来年以降は関係してくる可能性があります。
今回の改正によって、どの程度の影響が出るのか例を見てみたいと思います。

 例1)父が死亡した場合の相続
 家族構成:父(死亡)、母、子A、子B
財産状況:自宅(土地・建物)3,000万円
預金3,000万円、生命保険金2,000万円
遺産分割:法定相続分で分けるものとする
改正前:相続税 ⇒ 0円
改正後:相続税 ⇒ 85万円

例2)母が死亡した場合の相続
 家族構成:母(死亡)、子A、子B
財産状況:自宅(土地・建物)3,000万円
預金4,000万円、生命保険金1,000万円
遺産分割:法定相続分で分けるものとする
改正前:相続税 ⇒ 0円
改正後:相続税 ⇒ 320万円

どうでしょうか?
例1、例2はいずれも改正前は相続税の負担がゼロでしたが、改正後(平成27年~)は数十万円~数百万円の負担が発生することが分かります。
また、どちらも財産総額は8,000万円ですが、相続人の数や配偶者の有無などにより納める税額にずいぶんと差額が出てくることも分かります。
誰が相続人になって、どのようなモノが相続の対象になるのかは少々難しいところもあり、分かりにくいものです。
今後、自分たちが相続税の対象になるか分からず不安でいらっしゃる方は、一度税理士に相談し、試算してみることをお勧め致します。相続税の負担がないことが分かれば一先ず不安は拭えるでしょうし、仮に相続税の負担があるとしても何か対策をするのであれば早いに越したことはありません。
税理士にご相談の際は、家族構成や財産状況(大まかで結構です)を確認しておくとスムーズに進むと思います。
相続税の試算だけであれば無料~数万円で引き受けてくれる税理士事務所もあると思いますのでお気軽にご相談頂いて結構だと思います。
ちなみに税理士事務所SKYパートナーでは、家族構成と財産額をズバリお伝え頂ければ無料で現状の相続税試算を致します。

税理士 吉本泰一

関連記事

  1. 戦国武将の事業承継セミナー
  2. マイナンバー2
  3. 空き家譲渡の3,000万円控除
  4. 経営者に求められること
  5. 確定申告Q&A 4
  6. ふるさと納税の返戻品は課税対象?!
  7. 確定申告の提出
  8. クラウド会計との向き合い方~記帳の大切さを再確認~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP