民法を考える

皆さん、こんにちは。税理士の吉本です。
今日は税理士会の研修に行ってきましたので報告します。
本日は、「争族にならないための民法」ということで、東京の弁護士先生がお二人いらっしゃいました。
最初の3時間ほどは、民法の基礎を解説して頂き、後半の1時間で税理士がかかわった税賠訴訟問題を紹介して下さいました。
民法の基礎については、一通り勉強済みでしたが、ちょうどいい復習になりました。
税賠訴訟の問題は詳しくは書きませんが、講師の先生がおっしゃった通り背筋が凍る思いでした。
税理士がお客様に訴えれらるという事案は思っていた以上に多いようです(-.-)
今日の研修の内容を活かし、お客様の相続を争族にならないようにサポートしていきたいと思います!
ちなみにこれが今日のテキストです。会場で配られてビックリ。先日、民法の復讐しようと自分で購入したものと一緒でした。
既に全部読んでいたのでちょっと物足りない気持ちもありますが、弁護士先生の解説は分かりやすかったのでよく記憶に定着したかなぁと思っています(^^;)
2冊もいらないので欲しい方は言ってください。一冊差し上げます(^^)
明日からは、中標津に出張です。飛行機とぶかな。
税理士 吉本泰一

関連記事

  1. ワンマン経営のすすめ
  2. 年末のご挨拶
  3. ニュースレター発行
  4. 北海道の税理士は1800人くらい
  5. 改元による税理士業務への影響
  6. 東京03「自己泥酔」
  7. 採用情報を更新しました
  8. MFクラウド公認メンバー登録

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP