相続と贈与どっちがいいの?

こんにちは、税理士の吉本です。
今日は相続問題についての出張無料相談に行ってきました。
お客様にはご満足頂けたようで良かったです。
不安を抱えていることがクリアーになると安心して生活できますし、いざというとき慌てなくて済みます。
特に相続や贈与の問題は難しい点が多く、焦って名義変更して失敗・・・というケースもありますのでご注意を。
弊所では、それぞれのご家庭の財産や債務の状況、相続人の関係など色々な要素を総合的に見てベストな方法を提案させて頂きます。
【相談の多い事例】
親名義の不動産を今から子に名義変更した方がいいのかどうか分からない、という話をよく聞きます。
そんな方に知っておいてほしいことがありますので紹介します。
1.不動産を取得すると不動産取得税がかかる
【贈与で取得】
不動産の価額に対して3%かかる(自宅の場合)。2,000万円の建物であれば60万円。
【相続で取得】
税金はかからない
2.不動産の名義を変更すると登録免許税がかかる
【贈与で取得】
不動産の価額に対して2%かかる。2,000万円の建物であれば40万円。
【相続で取得】
不動産の価額に対して0.4%かかる。2,000万円の建物であれば8万円。
焦って名義変更を考える方の多くが上記1,2の違いを見落としているようです。
贈与で取得したときの方が圧倒的に税負担が重いのです。
こんなに税金かかるの?!納付書が届いてビックリということもあります。
仮に相続時精算課税を使って贈与税がゼロになるようなケースでも、不動産取得税はかかるので要注意。
また、贈与で名義変更をして、贈与税の申告を失念していると相続時精算課税の適用もできなくなります。
後で気が付いたとしても期限後申告では相続時精算課税は適用できません。したがって、かなり高額な贈与税を負担する可能性もあります。
こんなことにならないように、どうしたら良いのでしょうか。
まず、財産や相続人の状況からみて相続税申告が不要なケースでは焦って名義変更しないことです
どうしたら良いか分からない場合には税理士に相談してみて下さい。
いざというとき相談できる税理士を一人決めておくと何かと便利なものです。
税理士というと企業の味方、というイメージをお持ちの方もいるようですが、弊所はもう少し広い意味で市民の味方でありたいと思っています。
相続問題のご相談はスポットでもOKですが、顧問契約という形で継続的にフォローすることもできます。
初回相談は無料ですので宜しければご相談ください。
税理士 吉本泰一
税理士事務所SKYパートナー
住所:札幌市中央区南9条西5丁目1-15
電話:011-596-9419 (担当:吉本)
mail:yoshimoto@sky-tax.jp
お客様からワインを頂きました。有難うございます(^^)

関連記事

  1. 宅地建物取引士の受験生
  2. アクリルパネル設置
  3. 給与所得者の確定申告
  4. 危険なのは仮想通貨ではなくユーザーの安易さでは?
  5. 開業支援セミナー
  6. 遺言について考えてみる
  7. 金融機関とのおつきあい2
  8. 4月決算おわりました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 謹賀新年
  2. 開業6周年
  3. 謹賀新年
PAGE TOP