青色申告承認申請書の提出期限

こんばんは。税理士の吉本です。
久しぶりの更新になってしまいました(-_-;)
突然ですが、法人を設立した際の青色申告承認申請書の提出期限はいつまででしょうか?
もちろん、初年度から適用を受けることが前提です。
正解は、『設立の日以後3月を経過した日と当該事業年度終了の日とのうちいずれか早い日の前日まで』です。
ちょっと表現が分かりにくいですが、設立日から3か月以内に決算日が到来する時は決算日まで、それ以外は設立日から3か月以内に提出するということになります。
先日、新規のご相談にいらしたお客様が事前に税務署で確認したところ、既に設立日から2カ月経過しているので初年度は白色申告になると言われたそうです。確かに設立から2カ月は経過していましたが、上に記載した通り法人の場合は3か月以内に届出書を提出すれば初年度からの青色申告が認められます。
個人事業の場合、その年の1月16日以後に新たに事業を開始したときはその開始日から2か月以内に提出しなければ初年度から青色申告の適用を受けることはできません。その時の担当の方はおそらくこの規定と勘違いされていたものと思われます。
確かに紛らわしいような気もしますが、税法における届出書の提出期限は慎重にとらえなければなりません。
今回はギリギリ滑り込みでセーフでしたので良かったです(^^)v
提出期限のギリギリになって慌てなくても良いように出来るだけ余裕をもって提出する準備をしましょう。
開業したけど何も届出書を出していないという方がおりましたら直ちに税理士又は税務署にご相談下さい。

青色申告の承認申請手続き(法人)
青色申告の承認申請手続き(個人)
税理士 吉本泰一

関連記事

  1. 勉強会に参加
  2. 経営者に求められること
  3. マイナンバー3
  4. 空き家譲渡の3,000万円控除
  5. 税制改正関連法案が成立
  6. 遺言について考えてみる
  7. ふるさと納税で心ばかりのお礼
  8. 空き家譲渡の3,000万円控除(3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 謹賀新年
  2. 2019年最後に
PAGE TOP