宅地建物取引士の受験生

こんばんは、税理士の吉本です。
今日は宅地建物取引士を目指す受験生向けの登録講習にて講師を担当してきました。
担当科目はもちろん税務です。
1時間程で相続税・贈与税、印紙税・登録免許税の重要項目のみ解説するという内容でした。
それぞれの税目の納税義務者、基礎控除、納付方法、その他注意点などを簡潔にお話させて頂きました。
私が担当させて頂いたコマは、2日間行われいてる登録研修の最後の一コマだったようで、その後は少しの休憩の後に修了試験を残すのみという状況でした。
皆さんだいぶんお疲れのようでしたが、休憩時間にも熱心に勉強している方が多く、自分が税理士試験を受けていたときの感覚がちょっとだけ蘇りました。
皆さん、修了試験に合格しているといいですね。
合格していれば10月に行われる宅地建物取引士試験において何問か免除になるとのことです。
国家試験を受けるうえでこのアドバンテージは大きいです。
今日受講されていた多くの皆さんが合格されることをお祈り申し上げます。
それでは本日はお疲れさまでした。

税理士 吉本泰一

関連記事

  1. そろそろ相続税が改正ですね
  2. 空き家譲渡の3,000万円控除(2)
  3. 空き家譲渡の3,000万円控除(3)
  4. 本日の打ち合わせ(ラーメン店開業に向けて)
  5. 日常生活と税金1
  6. やさしい税金教室 27年度版(日本税理士連合会)
  7. 開業支援セミナー
  8. 領収書ためると大変です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP