危険なのは仮想通貨ではなくユーザーの安易さでは?

こんにちは、税理士の吉本です。
最近はニュースを見ていると仮想通貨の話題が本当に多いです。
これまでもトラブル(事件?)はあったのですが、コインチェックのネムコイン流出事件はインパクト大きいですね。
被害にあわれた方も多数いるようで、あってはならない事件です。
ただ、仮想通貨にはこういうリスクもあるだろうって多くの方が思っていたのではないでしょうか。
コインチェックのセキュリティ環境がユルユルだったのは勿論悪いのですが、その取引所を選んだのはユーザー自身です。
金融庁に未登録というのも調べればすぐに分かることです。
こういうと、仮想通貨に詳しい人は金融庁に未登録=危険ではない、と言うかもしれません。
ただ、多くのユーザーは詳しくないんです。なんとなく儲かりそうだから、お小遣い稼ぎで、ギャンブル感覚で、ちょっとした遊びで、そんな感じで始めた方が多数でしょう。
これまではハイリスクハイリターンのリターン部分が目立っていただけで、こういうリスクもあるんです。
だから仮想通貨は良くないということではなく、こういう特性のあるものに手を出すのであればしっかりとした知識を身に着けることが必要だということです。
当然ですが、仮想通貨を積極的に勧めてくる人の話だけではなくもっと多くの情報を得る必要があります。
自分の財産をつぎ込むんですからもっと慎重にならないといけないですよね。
個人的にはコツコツ本業に励むのが一番だと思っているのですが(^^;

コインチェックは会社保有資産の中から日本円での払戻しをすると発表したようですが、実現するのでしょうか。
相場が下がったとはいえ、相当な含み益が出ていた方も多いはず。日本円での返金ということは強制利確ということになるのでしょう。
累進課税なので人によって税率は違いますが、相当な税負担が出てくる人もいるのでしょうね。確定申告は忘れずに。

税理士 吉本泰一

先日、事務所の歓迎会(新年会)をやりました。
年末の懇親会でも利用した黒花火本店。もつ鍋がうますぎです。

関連記事

  1. 消費税の増税が2年半延期
  2. ニュースレター発行
  3. セミナー参加しました
  4. 経営者に求められること
  5. 開業支援セミナー
  6. 消費税改正に向けた動向
  7. 経理の早期化にデメリットなし
  8. 責任をとるのが経営者の仕事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 開業6周年
  2. 謹賀新年
  3. 2019年最後に
PAGE TOP