確定申告の提出

こんにちは、税理士の吉本です。
今年も確定申告の季節が来ました。
すでに何件かご依頼の連絡が届いて来ています。
毎年のことではあるのですが、ついつい後回しになりがちなものですよね。
私も自分の確定申告が遅くなった年もあるのですが、その年はやはり業務も円滑に進んでいなかったように思います。

確定申告はいつ出すの?

本来の受付期間は2/16~3/15です。
ただし、その期間以外でも受け付けはしてくれます。
特に還付申告の方は1/1から受け付け開始しています(実際にはお正月で窓口がお休みですので1/4くらいが最速です)。
住宅ローン控除や医療費控除、ふるさと納税などで還付申告になる方は早めに済ませてしまうことをお勧めします。
また、納税がある場合でも期限前に提出することはできます。
2/15以前に提出した申告書は期限内(2/16~3/15)に提出があったものとして取り扱ってくれることとなっています。

(国税庁HPより)

私も最近の確定申告の提出日を振り返ってみました。
2/12(H26) ⇒ 2/19(H27) ⇒ 1/5(H28) ⇒ 3/15(H29) ⇒ 1/19予定(H30)

概ね余裕をもって提出できているのですが、昨年は期限ぎりぎりでした。確かに苦しかった記憶があります(笑)
今年はもうだいたい出来ていますので税務システムが使えるようになる1/19には提出しちゃいます。

あわてて出して間違えたとき

確定申告を早く出したはいいけど間違っていることに気が付いた!
そんなときもあわてることはありません。期限内であればもう一度正しいものを出しなおせばOKです。
期限内に複数回申告書を提出した場合には一番最後に提出したものが有効になります。

(国税庁HPより)

確定申告は前年の所得の整理をして報告する作業です。
それ自体が何かを生みだすことはありません。なので特に事業者の方は早々に終わらせて当年のことに目を向けたり、時間を使った方がよっぽど有意義です。
税理士に依頼している方もできる限り早く資料を揃えて渡してしまいましょう。
うちの事務所もそうですが、多くの場合は資料の届いたものから申告書の作成をどんどん進めていきます。

それでは今年も一年頑張ります。

税理士 吉本

いつものうどん屋で鍋焼きうどん

関連記事

  1. iPhoneで確定申告
  2. 遺言の種類と違いを見てみよう
  3. 開業支援セミナー
  4. 戦国武将の事業承継セミナー
  5. 届きました!
  6. 消費税の増税が2年半延期
  7. 相続と贈与どっちがいいの?
  8. 臨時福祉給付金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 謹賀新年
  2. 2019年最後に
PAGE TOP