領収書ためると大変です

こんにちは、税理士の吉本です。
週末は久しぶりに家で勉強したり、野球見たり、犬と遊んだり、ゆっくりしました。
3月は例年どおり忙しくさせて頂いていたのですが、もう通常モードです。

確定申告というのは前年一年間の収入などを整理して自主的に申告、納税する手続きです。
自営業の方であれば前年の儲けが幾らだったかはっきりします。
そして自身の経営について考える絶好のタイミングでもあります。
継続経営を前提にすればこのタイミングでは前向きなことを考えている状態がベターだと思います。
ですが、実際は税金高いな、健康保険は幾らだろう、予定納税は今年もあるのかな、他に何払うんだっけ、不安…
こんな感じの方が多いように思います。なぜ不安なのか?それは税金や保険の計算が難しいからですか?
たぶん違います。多くは自分の事業が幾ら稼いでいるのか把握できていないからでしょう。
幾ら稼いだか分からなければ当然税金や保険も分かりません。

確定申告で納めるのは所得税と消費税ですが、この申告に紐づいて道市民税、健康保険料、個人事業税、予定納税(所得税・消費税)があります。
こういうことも含めて計画的にやっていけると生活も安心です。
必ずしも税理士に依頼することはありませんが、少なくとも定期的に自分の事業の実績を把握できるようになるといいですね!
領収書ためると大変です(*_*)

昨日、追加で譲渡申告の依頼が2件きましたので週明けには終わらせます!
ひとまず今年はこれが最後かな(^^)

税理士 吉本

先週訪問したお客さま、弊所のお年賀を飾ってくれてる(^^)去年のイヌと今年のイノシシ。

 

関連記事

  1. 民法を考える
  2. ワンマン経営のすすめ
  3. 毎年恒例、年末懇親会やりました
  4. 感謝!!
  5. セミナー参加しました
  6. 一般社団法人SOUZOKU北海道
  7. 仕事納め
  8. 税務署に長蛇の列

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP